保険金支払例
(法人・事業主の方)

お客さまとのトラブル

飲食店などで発生するお客さまとのトラブル例を掲載しています。

【お客さまとのトラブル】損害を弁償すると約束したお客さまと連絡が取れなくなってしまいました

飲食店を経営していますが、飲食をしていたお客さま同士がケンカになりテーブルや食器が壊されてしまいました。お客さまに壊れたテーブルや食器の損害賠償請求をしたのですが、お客さまは新たに購入する食器やテーブルの代金を弁償すると約束をしてくれましたが、連絡が取れなくなってしまいました。このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか。

自分で解決した場合

その後も、自分で手紙や電話で何度か連絡をしていましたが、一向に連絡が取れなくなってしまいました。泣き寝入りをするしかないようです。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

相手方に損害賠償請求をする為に弁護士に相談をしました。弁護士の協力のもと、食器やテーブルの購入費20万円を損害賠償金として請求をした結果、20万円を支払っていただくことができました。

得られた経済的利益:200,000円

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料60分 11,000円 11,000円 0円
着手金・手数料 11,000円 77,000円 33,000円
報酬金等 35,200円 0円 35,200円
法律相談料・弁護士費用の
合計
156,200円 88,000円 68,200円

保険金支払額:88,000円

  • 上記の金額は、標準プラン・スタンダードタイプの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。