保険金支払例
(法人・事業主の方)

労働災害のトラブル

工場などで発生する労働災害に関するトラブル例を掲載しています。

【労働災害のトラブル】従業員の適正な後遺障害等級が知りたいです

従業員が金属加工の機械を操作している時に指を切断し、安全配慮義務違反として損害賠償請求を受けました。従業員が治療をしている期間の治療費はお支払いしましたが、それとは別に後遺障害が残存するらしく、相手方は後遺障害の11級の等級を主張していますが、症状や後遺障害診断書から12級の等級が妥当であると思っています。後遺障害に対する慰謝料や逸失利益を400万円の請求をうけていますが、少し高すぎるのではないかと感じています。弁護士に相談をして適正な金額を教えてほしいです。

自分で解決した場合

従業員と何度も話し合いをしましたが、減額は認めてもらえず、医師の話では後遺障害も残存するということでした。分割払いでもいいということなので諦めて支払うことにします。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

弁護士に相談をしたところ、ケガの状態や治療期間を踏まえると適正な金額とは言えないとのことでした。弁護士に相手方と交渉をしてもらい、慰謝料は300万円を支払うことで納得してもらえました。

得られた経済的利益:1,000,000円

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料30分 5,500円 5,500円 0円
着手金・手数料 319,000円 223,300円 95,700円
報酬金等 176,000円 0円 176,000円
法律相談料・弁護士費用の
合計
500,500円 228,800円 271,700円

保険金支払額:228,800円

  • 上記の金額は、標準プラン・スタンダードタイプの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。