トップ 保険金支払例(法人・事業主の方) インターネットのトラブル

保険金支払例
(法人・事業主の方)

インターネットのトラブル

会社などの誹謗中傷をSNSや掲示板に書き込まれるなど、インターネットに関するトラブル例を掲載しています。

【インターネットのトラブル】掲示板に自社商品と当社の誹謗中傷が書き込まれました

インターネットの掲示板に、自社商品と当社の誹謗中傷が書き込まれました。悪意があり、事実と異なる内容が書き込まれ、取引先の企業から書き込みについての問い合わせが殺到し困っています。弁護士にお願いをして、書込みの削除をお願いしたいです。また、書き込んだ相手方が判明するのであれば、慰謝料請求もしたいと考えています。

自分で解決した場合

掲示板の運営会社に問い合わせをして、書込みの削除は応じてもらえました。しかし、書き込んだ人物の情報は開示できないとのことでした。しばらくしたら、また同じ内容の書込みをされてしまい、きりがありません。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

弁護士に相談し、運営会社に書込みの削除をしてもらいました。その後、相手方の情報開示請求ができて、相手方が判明しました。相手方に対して慰謝料100万円を請求し、慰謝料の支払いと、もう二度と書込みをしないという誓約書も書面で交わし解決することができました。

得られた経済的利益:1,000,000円+書込み禁止の誓約

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料60分 11,000円 11,000円 0円
着手金・手数料 220,000円 154,000円 66,000円
報酬金等 176,000円 0円 176,000円
法律相談料・弁護士費用の
合計
407,000円 165,000円 242,000円

保険金支払額:165,000円

  • 上記の金額は、標準プラン・スタンダードタイプの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。