トップ 保険金支払例(法人・事業主の方) 著作権・特許権侵害のトラブル

保険金支払例
(法人・事業主の方)

著作権・特許権侵害のトラブル

自分で撮った写真を無断転載されたなど、著作権・特許権侵害に関するトラブル例を掲載しています。

【著作権・特許権侵害のトラブル】私が撮影した写真が無断掲載されていました

個人事業主としてホームページを作成し、自身で撮影した風景の写真や動画を販売しています。インターネットを閲覧していたら、あるインターネットのサイトに明らかに私が撮影をして販売している写真が無断で掲載されていました。サイトの管理者に無断掲載していることを連絡したところ、自分で撮影した写真なので、無断掲載したという証拠を出すように言われてしまいました。相手方には無断掲載を認めてもらい、著作権料を請求したいです。

自分で解決した場合

その後も、自分で無断掲載された証拠を集めようとしましたが、個人の力ではどうすることもできませんでした。これ以上相手方に連絡をしても無駄なようなので諦めようと思います。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

サイトの管理者に対して著作権料を請求する為、弁護士に相談しました。弁護士にサイトの管理者と交渉をしていただいた結果、無断掲載をしたことを相手方が認め、写真の使用料10万円を支払っていただくことができました。

得られた経済的利益:100,000円

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料30分 5,500円 5,500円 0円
着手金・手数料 110,000円 77,000円 33,000円
報酬金等 17,600円 0円 17,600円
法律相談料・弁護士費用の
合計
133,100円 82,500円 50,600円

保険金支払額:82,500円

  • 上記の金額は、標準プラン・スタンダードタイプの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。