保険金支払例(個人の方)

夫婦のトラブル

離婚・親権問題をはじめとする、夫婦間で起きるトラブル例を掲載しています。

【離婚・親権トラブル】離婚費用等について教えてください

私は既婚者なのですが、半年前から最近まで独身の女性と不倫をしていました。今回その不倫が妻にばれてしまい、妻から離婚と慰謝料1000万円、更に子供が20歳になるまでの養育費として毎月10万円を請求されています。結婚7年目で子供(5歳・男)一人、妻は別居し子供を連れて実家へ戻ると言っていますが、今はまだ同居しています。私の年収は約500万円で、妻は専業主婦で収入はありません。
離婚には同意しましたが、慰謝料などが少し高いのではないかと感じています。慰謝料の妥当な金額は幾らでしょうか。

自分で解決した場合

妻に、子供のために養育費は毎月払うが慰謝料は減額して欲しいと交渉しました。完全にこちらに非があるのでなかなか納得してもらえませんでしたが、どうにか慰謝料750万円(毎月5万円・ボーナス月15万円の分割)で納得してもらうことができました。今では不倫をしたことをとても後悔しています。

得られた経済的利益:2,500,000円

ミカタに加入していた場合

妻に対して慰謝料と養育費の減額について交渉をするため、弁護士に相談したところ、この場合の慰謝料は350万円程が適正妥当な金額ではないかということでした。弁護士に妻と交渉をしていただき、慰謝料350万円・養育費毎月6 万円で和解することができました。

得られた経済的利益:6,500,000円 + 養育費の減額

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料90分 16,500円 16,500円 0円
着手金・手数料 330,000円 297,000円 33,000円
報酬金等 220,000円 198,000円 22,000円
法律相談料・委任費用の
合計
566,500円 511,500円 55,000円

保険金支払額:511,500円

  • 上記の金額は、99プランの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。
【養育費トラブル】元夫から養育費の振込が無くなってしまいました

小学校3年生になる子どもがいます。3年程前に夫と離婚し、毎月4万円の養育費を支払ってもらうことで合意しました。しかし、半年前から養育費が振込まれなくなり、元夫に電話をしても毎回留守番電話になってしまいます。これから先、子どもにもお金がかかってくる年齢のため、振り込まれなかった半年分の養育費の請求と、今後も養育費を支払ってもらうようにすることはできますか?

自分で解決した場合

電話もやはりつながらず、仕方なく会いに言ったのですが、大声で怒鳴られ話し合いもできませんでした。これ以上は関わりたくないので、諦めることにします。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

元夫に対して、未払いの養育費の請求と今後の養育費支払いを約束してもらうため、弁護士に相談しました。弁護士に元夫と交渉していただいた結果、未払い分の養育費24万円を支払ってもらうことができ、今後の支払いに関しても書面で約束することができました。

得られた経済的利益:240,000円 + 今後の支払いを約束

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料30分 5,500円 5,500円 0円
着手金・手数料 110,000円 99,000円 11,000円
報酬金等 28,160円 25,344円 2,816円
法律相談料・委任費用の
合計
143,660円 129,844円 13,816円

保険金支払額:129,844円

  • 上記の金額は、99プランの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。