保険金支払例(個人の方)

子どものトラブル

いじめ・体罰・退学強要など、子どものまわりで起きるトラブル例を掲載しています。

【いじめによるトラブル】いじめにより負ったケガの治療費を請求をしたいと考えています

私には中学1年生の息子が居るのですが、2ヶ月程前から学校でクラスの男子生徒4人に、殴る蹴るの暴行を受けています。学校へ何度も相談をしましたが、いじめの事実は無いと全く対応してもらえず、暴行を加えている生徒の保護者とも何度も交渉しましたが、いじめは無くなりません。先日も頭を強く殴られてケガを負い、それ以来、息子は学校を1週間休んでいます。暴行を加えた生徒の保護者を訴えて治療費を請求したいと思います。

自分で解決した場合

何度も学校と保護者に相談しましたが、いじめの事実は認めてもらえませんでした。悔しいですが、子供のためを思うと転校せざるを得ないと思っています。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

生徒の保護者に対して治療費の請求をするため、弁護士に相談しました。
弁護士の協力のもと裁判を起こすこととなり、損害賠償50万円を請求した結果、50万円を支払っていただくことができました。

得られた経済的利益:500,000円

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料60分 11,000円 11,000円 0円
着手金・手数料 110,000円 110,000円 0円
報酬金等 94,000円 94,000円 0円
法律相談料・委任費用の
合計
215,000円 215,000円 0円

保険金支払額:215,000円

  • 上記の金額は、99プランの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。
【子どものいたずら】子どもが近隣の家の車を傷つけてしまいました

小学校2年生の子どもがいます。先日、子どもが近隣の家に停まっていた車の近くで遊んでいて、車に数箇所小さな傷をつくってしまいました。かなり年季のはいった車のように見えましたが、その家の方が言うには、もともとかなり高級な車らしく、車の修理費200万円と慰謝料100万円を請求されてしまいました。確かに傷をつけてしまったのはこちらなので、弁償などはしたいと思っているのですが、少し高すぎるのではないかと感じています。弁護士に相談して、適正な金額を教えてほしいです。

自分で解決した場合

相手の方と何度も話し合いましたが、やはり減額は認めてもらえませんでした。自分でも車の値段を調べてみましたが、新車だとそれなりにする車だと言うこともわかりました。分割でもいいということなので、諦めて支払うことにします。

得られた経済的利益:0円

ミカタに加入していた場合

弁護士に相談したところ、新車ではそれなりの値段だが、経年劣化等をふまえると適正な価格とは言えないとのことでした。引き続き弁護士に相手方と交渉してもらい、修理費50万円、慰謝料無しで納得してもらうことができました。

得られた経済的利益:2,500,000円

弁護士報酬額 保険金支払額 依頼者負担額
法律相談料30分 5,500円 5,500円 0円
着手金・手数料 264,000円 264,000円 0円
報酬金等 440,000円 440,000円 0円
法律相談料・委任費用の
合計
709,500円 709,500円 0円

保険金支払額:709,500円

  • 上記の金額は、99プランの補償内容で算出しております。なお、各金額や各費用項目は、弁護士事務所によって異なりますので、ご依頼する弁護士に確認して下さい。
  • 保険金の支払額については個々の事例により異なり、必ずしも上記支払額を補償するものではありません。
  • 上記の金額は、税込みの金額です。なお、消費税は支払例掲載時の税率で計算しています。
  • ご依頼されたトラブルが解決した場合、上記金額以外に報酬金等をご依頼者さまに負担していただく場合がございます。詳しくは、ご依頼された弁護士に確認して下さい。